低金利時代の住宅ローン

低金利時代の住宅ローン

住宅ローンで得られるメリット

金融市場で、いま住宅ローンが熱いです。その理由は住宅ローンの金利が安くなっていること、そして震災後の住宅買い控えの動きも一段落、アベノミクスの影響で、株価が上昇し、これから景気が上向くのではないかという期待感がそれらを後押ししているからです。

 

その上、住宅をいま購入すると来年度からの消費税率アップの影響を受けず、これらの大きな買い物をするには、「駆け込み需要」といわれる追い風が吹いていることは間違いありません。

 

住宅を購入することが、いまは必ずしも安定や成功のシンボルとはいえません。でもだれもが一度は憧れるマイホームです。これからの税金、そして数十年のローンを組んでも手に入れる価値は十分あるでしょう。

 

また家族のために住宅を購入するだけではなく、これからずっと独身で暮らしたい人も、また将来のために住宅を購入する動きがでています。不動産はいまだに魅力のある資産なので、これからの投資目的の人もいるかもしれません。目的はそれぞれですが、住宅ローンの借り入れ条件にあえば、だれもが利用できるのがこのローンの良いところです。自分、そして家族の将来のことを考えて、このあたりで住宅の購入を考えてみるのもいいかもしれません。

関連情報

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ